石井さん

人と猫とゆいまーるの会

 今年度の地域活動交付金を活用して、地域猫の保護活動を通して住みやすい環境事業をしている石井美奈子さんにお話を聞きました。石井さんは元々は沖縄県で育ち、豊橋市在住です。ゆいまーるというのは、「結い」を表す沖縄の言葉で、結びつき、助け合いを意味します。ゆいまーる精神で人と動物たちの架け橋になりたいとの願いが込められています。

住みやすい環境づくり事業を始めるきっかけ

石井さん 仕事で東郷地区に来た時に、偶然敷地内に猫がたくさんいるお宅を見つけたんです。
その方は、猫がこんなに増えてしまいどうしたらいいのか、ご近所迷惑になってしまうのでなんとかしたいと悩んでいて、また近所に住んでいる方も何年も前から猫にエサやりする人がいることによる猫の多さに困っていました。なんとかしたいと思っても猫は簡単にはつかまりません。当事者同士での解決は難しいと感じ、私たちのような保護猫のボランティアが入ることで橋渡しをしなければと思いました。

関原 団体としてはどんな対策をするんですか。 

石井さん まず対象の猫を捕まえます。専用の捕獲器を貸し出して、使い方を説明します。生き物なので、不安な方には捕獲に立ち会うこともあります。それから、ホームセンターで売っている害獣駆除の捕獲器はおすすめしません。猫が入ったら暴れるので傷がついてしまう危険があります。専用のものは猫が傷つきにくいです。
捕獲したら、保護猫料金を設定している動物病院に連れて行ってもらい、避妊・去勢手術をします。

保護猫活動、TNR活動って?猫をめぐる現状。野良猫から地域猫へ。

関原 石井さんが実施されている保護猫活動、TNR活動や地域猫というものを教えてください。

石井さん 保護猫活動は家猫ではない猫のうち、人間が飼いたい欲しいという気持ちから連れてこられ、適切な飼い方を知らない人がエサやりを通して増やしてしまい、外に放ち野良猫といわれ定着した猫を保護する活動です。元々野良猫はいませんでした。人間がペットとして飼い持て余したら捨てる行為で野良として増やされ生態系や環境破壊が進んでいます。人間の行った尻拭いは人間でしかできないと思います。その具体的な方法はTNR活動です。

※TNR活動は
Trap=罠を仕掛けて捕まえる
Neutering=避妊手術、去勢手術をする
Return=同じ場所に返す
この3つの単語の頭文字を取っている。

猫は約半年で繁殖可能、妊娠期間は約2ヵ月。出産後授乳期間の2ヵ月をすぎ子猫が離乳すると、次の妊娠が可能。繫殖サイクルが速いことが特徴。

TNR活動は出産サイクルの早い猫が増えるの防ぐ効果がある。

石井さん 手術した猫は地域猫となります。片耳の切り込みが手術済の目印で、さくらねこともいわれます。手術後もとの場所に戻すのはエサをやってくれる人がいるからです。猫にはテリトリーがあり、エサをもらえるところに定着します。繁殖の可能性がなくなったので、最後までエサやりをしてかわいがってあげてください。地域猫といって、特定の飼い主はいないものの地域住民の認知と合意の上で共同で世話をしてもらう猫です。


地域活動交付金に申請されたきっかけ

石井さん より多くの方に地域猫活動のお話をさせて頂くことができればと思い申請しました。鳳来地区で同じような保護猫活動をしているボランティア団体から交付金があると教えてもらいました。新城市役所でこの制度のチラシを見て、すぐに担当者のところに相談に行き、いろいろ教えてもらいながら申請に至りました。

保護猫活動を始める

石井さん 沖縄生まれなのでまわりに猫がいるのが当たり前でした。豊橋に住んで、やっぱり猫が飼いたくて。それで保護猫の里親になりました。そこで保護猫を一時預り、ミルクや離乳食をあげて譲渡できるまで育てるミルクボランティアを知り、私も何かしたいと思い勉強しました。
 ミルクボランティアは1ヵ月間離乳食を食べられるまで、家で預かって3時間おきにミルクをやります。ミルク代やおしっこシートの購入は自己負担です。時間の束縛など負担も大きいので、私は今はまだできないですが、いつかやりたいです。

関原 保護猫はどこで紹介してもらえるのですか。  

石井さん 保健所またはボランティア団体からご紹介できます。

今年度の活動状況

石井さん 8月の区長会議でお時間をいただき、東郷17行政区の区長さんに地域猫活動に関する説明や資料配付を行う予定です。東郷地域の猫被害に関するニーズを把握し困っている地区があれば実際地域に入っていって、地域猫活動を実践していきたいと思っています。市内のいろいろなところで猫被害に遭っているという声を聞きます。ニーズは多いのではと感じています。猫に困っている人はどこに話しを持って行けば良いかわかりません。猫に餌をあげる、あげないでご近所トラブルも起こりうるので、それをなくすことで住みやすいまちにつながっていくと思います。困っているけどやり方がわからない人が多いけれど、一度教えると地元でもできるようになります。

関原 住民のみなさんに説明したり大変なこともあると思います。活動の原動力はなんですか。

石井さん やってくれて良かった、ありがとうと言われることですね。
私は社会貢献がしたいんです。最初はよくわからなくて何をするんだという人も手術が終わったらありがとうと言ってくれます。猫も譲渡される人も嬉しいことです。疲れることもありますが、そんな時はアロマを焚いてリフレッシュしたり、嫌なことは右から左へ聞き流すようにしています。

関原 この活動で苦労を感じたことはなんですか。

石井さん やはりわたしは市外なので地域との信頼性は薄いと感じたことです。今後は地域ボランティアを育成できれば成功に繋がると思います。まずは区長さんに説明をして、地域の住民の方へ情報を下ろしてもらうのが効率がいいと思っています。猫に困っている方も、餌をあげている方も目的は同じ、猫を減らすことです。いがみ合っていた人たちが協力して一緒に活動するようになります。
 三ヶ月程度で出産できる猫もいて、餌と環境と状態が良ければ爆発的に増えてしまうことがあります。私たちの活動が信用できるのかという人もいましたが、地域活動交付金で後ろ盾がついたので心強いです。

東郷地区の人が協力できること、みなさんに伝えたいこと

石井さん まずは区長さんに活動をお伝えし、地域住民の方にお話させていただき、お互いにできることを相談したいです。私の活動に賛同してくれ、説明を聞いて協力してくれる方やボランティアを育てたいです。エサやり、捕獲や病院への運搬をしてくれる方などを募集しています。
 お会いする地域の方は皆様話しやすくて、良い印象があります。地域の皆様がこれからも住みやすい地域になるように地域猫活動のお手伝いをさせて頂きたいです。

地域で猫被害に困っている方や相談したいと思っている方がいましたらこちらまでご連絡ください。
人と猫とゆいまーる ホームページ

あとがき

 石井さんの活動内容は、正直に書きますと保護猫活動について全く知識がない私にとって、猫の不妊・去勢手術にわだかまりがありました。しかし、石井さんから現状を教えて頂き、さらにネットでも調べて理解を深めました。石井さんもまずは説明をさせてくださいとおっしゃっています。
 TNR活動の効果は5~10年先に現れます。今現在では、TNR活動は有効な手立ての一つだと感じました。
また、状況がかわったら猫に対する対処も変わってくるのではと思います。
 最近では、小さな子猫をペットショップで買うのではなく保護猫を飼う人も増えてきました。石井さんも生体販売をしないペットショップを借りて譲渡会を開くことがあるそうです。
 人々がゆいまーる精神で猫や動物と共存する知恵を持ちたいと感じました。

インタビュー日 2021年7月21日

インタビュアー  関原香緒里
文 浅井美夏・関原香緒里

この記事を友達に教える